line
line
 




「 私のウーフ体験談 」 R・Kさん 

 ドキドキしながら車に揺られると、はじめてなのに何故か懐かしい感じのする農場に到着しました。
 そこには大きな木に三角屋根の建物、かわいい野の花に犬やネコ、ニワトリにブタ、
 ヤギもいます。吸い込む空気も心なしかおいしく感じます。
 さぁて、ここで私は何ができるだろう。
 私の心配もよそに、スタッフみんなが温かく受け入れてくれます。
 まずは、芋づるサイレージ作りに汗をかきかき、力を合わせて作業します。
 それから、アケビとりや栗ひろいに連れていってもらったり、ブタの世話を手伝わせてもらいます。
 朝にはゆっくり散歩、畑に出たら草取りにジャガイモ掘り、作業しながらの
 おしゃべりもとっても楽しい時間です。
 もちろんみんなで囲む食卓は言うまでもなく最高です!
 農場での暮らしには私が大切にしたいものがたくさんありました。
 共に過ごす時間の中で、スタッフはもちろん、動物たちや土や太陽や、
いろんなものに感謝の気持ちでいっぱいになります。
 ステキなところで、ステキな人たちと、ステキな時間を過ごし、
舌も心も満たされた素晴らしく楽しい3日間の滞在になりました。

 
 
「体験談」 M・Tさん

ヒトは他の動物や植物を食べる。命を喰らって生きているわけだ。そんな当たり前のことすら、現代社会では見えにくくなっている。
さらに考えていくと、「間引く」という行為や、地球環境破壊の問題も、単純な善悪二元論には収まりきらないことに気づく。
私は東京都出身で、現住所は神奈川県である。そういう当たり前のことが見えてなかったし、見て見ぬふりもしてきた。
しかし今回のWWOOF体験で、視野が明確になったと思う。
残された道は2つ。デマに流されて誰かの言いなりになっていきるか、
それとも自分の頭で考え信じた道を行くか。


 
line
                 
 
© 2007 organic farm 暮らしの実験室 All Rights Reserved.